【御朱印】三峯神社(埼玉県秩父市)は関東屈指のパワースポット

関東屈指のパワースポットと言われ、秩父の山奥深くに鎮座するのが三峯神社です。ホントにホントに山奥で、険しい峠道を上った先にいきなり聖地が現れるといった感じです。

三峯神社とは?

鎮座地:埼玉県秩父市三峰298-1

ご祭神:伊弉諾尊(イザナキノミコト)・伊弉册尊(イザナミノミコト)

伊弉諾尊と伊弉册尊はご存知のとおり日本の生みの親ですね。

景行天皇の皇子である日本武尊が碓氷峠に向かう途中に立ち寄り、伊弉諾尊と伊弉册尊をお祀りしたのが始まりとされています。

秩父の山々は傾斜が半端ありません。日本武尊の東征のルートを見ると、とてつもなく大変な行軍だったと思います。昔の人はすごいなぁ…。

三峯神社

この日は、秩父三社めぐりということで、宝登山神社⇒秩父神社⇒三峯神社と巡りました。三峯神社についたのは14時45分くらい。遠かった…。

険しい峠道を超えた先、三峯神社の広い駐車場に到着しました。

険しい峠道を超えた先、三峯神社の広い駐車場に到着しました。

三峯神社の周りは参拝用にとても整備されています。

三峯神社の周りは参拝用にとても整備されています。

三峯神社の鳥居です。3つの鳥居が合体した三ツ鳥居があります。

三峯神社の鳥居です。3つの鳥居が合体した三ツ鳥居があります。

狛犬ならぬ狛オオカミが守る三峯神社の三ツ鳥居

狛犬ならぬ狛オオカミが守る三峯神社の三ツ鳥居

三峯神社の参道にはたくさんの奉納の碑が並びますが、奉納の苗木の本数が書かれていて面白い!

三峯神社の参道にはたくさんの奉納の碑が並びますが、奉納の苗木の本数が書かれていて面白い!

三峯神社の参道は、駐車場から坂道を上がり、左に曲がり、なんと下っていきます。珍しい!

三峯神社の参道は、駐車場から坂道を上がり、左に曲がり、なんと下っていきます。珍しい!

三峯神社のご本殿。極彩色で彩られ、様々な彫り物が施されています。美しい本殿です。

三峯神社のご本殿。極彩色で彩られ、様々な彫り物が施されています。美しい本殿です。

三峯神社の授与所。犬を連れてきている人が多いのですが、オオカミを進行している神社だかららしい。

三峯神社の授与所。犬を連れてきている人が多いのですが、オオカミを進行している神社だかららしい。

三峯神社の敷地内には温泉や休憩所があります。ちょっとした宗教都市って感じ。

三峯神社の敷地内には温泉や休憩所があります。ちょっとした宗教都市って感じ。

三峯神社の御朱印(左)を頂きました。

三峯神社の御朱印(左)を頂きました。

手水舎の装飾。三峯神社の手水舎の彫刻は半端ありません。よく見ると葵があったりして、徳川家のさりげないアピールが見えたりします。

手水舎の装飾。三峯神社の手水舎の彫刻は半端ありません。よく見ると葵があったりして、徳川家のさりげないアピールが見えたりします。

徳川家康のお社。三峯神社には全国の神社のお社がありますが、家康も同列に、しかも大きなサイズで並んでいます。

徳川家康のお社。三峯神社には全国の神社のお社がありますが、家康も同列に、しかも大きなサイズで並んでいます。

三峯神社の奥ノ宮への遥拝殿へ向かう階段

三峯神社の奥ノ宮への遥拝殿へ向かう階段

三峯神社の奥ノ宮への遥拝殿

三峯神社の奥ノ宮への遥拝殿

三峯神社の奥ノ宮は正面の山の上にあります。

三峯神社の奥ノ宮は正面の山の上にあります。

やっぱり日本武尊は日本最大の英雄ってことです。

やっぱり日本武尊は日本最大の英雄ってことです。

 

まとめ

三峯神社は驚きの連続でした。

有名な神社なので大きいとは思っていましたが、道程があまりに険しくて、鎮座する場所もあまりに山深いので、ここまで規模が大きい神社とは思っていませんでした。

お宮参りする小さな子供や、若いご夫婦、年配のツアー客、犬を連れているマダム、三峯神社の境内にいる参拝客はカオスです。そして、この人たちがみんなあの険しい峠を登ってきたという事実に驚きでした。

三峯神社には奥宮があるのですが、神社から歩いて1時間30分ほどだということです。山道なので、開山期間が5月~10月中旬という事のようです。いずれは行ってみたいけど、宿泊しないと難しいかな。

とにかく来てよかった♪

おわり

フォローする

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください