【平成30年度】cx-5スタッドレスタイヤ交換しました!重い~

もう毎年12月の恒例行事と化しています。スタッドレスタイヤへタイヤ交換しました。慣れてくると作業は難しくありませんが、cx-5のタイヤはとにかく重い~!

半年ぶりに日の目を見るcx-5スタッドレスタイヤ

半年ぶりに日の目を見るcx-5スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤには前後左右の印をつけています。※表に普通に書いてしまうのがアホッぽい。

スタッドレスタイヤには前後左右の印をつけています。※表に普通に書いてしまうのがアホッぽい。

まずはスタッドレスタイヤに空気を入れます。空気圧は前後とも250kPa。

まずはスタッドレスタイヤに空気を入れます。空気圧は前後とも250kPa。

コンプレッサーは市販品とCX-5車載品を交互に使っています。10分以上使うと壊れちゃうので。

コンプレッサーは市販品とCX-5車載品を交互に使っています。10分以上使うと壊れちゃうので。

CX-5のジャッキアップポイント

CX-5のジャッキアップポイント

スタッドレスタイヤに履き替えるときはハブリングの装着が必須です。

スタッドレスタイヤに履き替えるときはハブリングの装着が必須です。

 

ジャッキについて、ハブリングについて、トルクレンチについて、詳細は昨年・一昨年のタイヤ交換の記事に書いてあるのでご覧ください。

簡単!自分でタイヤ交換~工具・流れ・時間など
スタッドレスタイヤを自分で交換するやり方だよ

CX-5のサマータイヤ。タイヤハウスが汚いね。洗車は年末にやります。

CX-5のサマータイヤ。タイヤハウスが汚いね。洗車は年末にやります。

CX-5のタイヤを外した状態。この時、落下防止のためにタイヤをボディー下に挟むと良いです。

CX-5のタイヤを外した状態。この時、落下防止のためにタイヤをボディー下に挟むと良いです。

CX-5のスタッドレスタイヤ。サマータイヤよりインチダウンするので乗り心地が良くなります!

CX-5のスタッドレスタイヤ。サマータイヤよりインチダウンするので乗り心地が良くなります!

ある程度テスト走行したら、空気圧の確認とトルクレンチで適正トルクに締め付けて終わり。

ある程度テスト走行したら、空気圧の確認とトルクレンチで適正トルクに締め付けて終わり。

ホイールナットの締め付けトルク
108N・m~147N・m (12kgf・m~14kgf・m)

サマータイヤは綺麗に掃除して、若干空気圧を下げて、ラップします。

サマータイヤは綺麗に掃除して、若干空気圧を下げて、ラップします。

冬の間、サマータイヤは冬眠状態に入ります。

冬の間、サマータイヤは冬眠状態に入ります。

CX-5のスタッドレスタイヤ交換も3シーズン目となり、すっかり慣れました。タイヤ交換自体の作業時間は1時間程度です。

時間がかかるのは、サマータイヤを洗って拭いて乾かして、ラップして保管するまでの作業です。

ラップする理由は『空気に触れないため』で、空気に触れている時間が長いとそれだけタイヤは寿命が縮むらしいです。まあ、ゴムですからね。

効果は定かではありませんが、気持ち的に安心なので続けています。

おわり

フォローする

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください